「読み聞かせスペシャリスト養成講座」受講生の“OGU”さんが、講座への感想をよせてくださいました。
yomikikase2
★ ★ ★ ★ ★ ★

読み聞かせスペシャリスト養成講座も今日で4回目。
今日は読み聞かせの実技指導の日です。

私は『ふしぎなナイフ』という本を選びました。

fushiginaknife
この本は、言葉は少ないのですが、絵を見せる時間や、言葉を発するタイミングが難しく、普段子ども達に読んでもこの本のおもしろさ、不思議さがいまいち伝わらないなぁと感じている本でした。

いよいよ、私の番がきました。
短い本ですが、子ども達の前で読むのとは違い緊張します。
読み始めると声や体が震えてしまいました。

講師からは「もっと間をとった方がよい」とご指導いただきました。
まず、絵をしっかり見せ、子ども達が想像する時間をとってから、読み手が言葉を発するとよい、
また、後半は充分絵を見せつつも、一つのまとまりとして読んだ方がよい、ということでした。

講師の言葉はとても具体的でわかりやすく、実際子ども達の前で読む時に気をつけなければならないことばかりでした。
自分の読んだ本だけでなく、他の受講生の読んだ本に対してのアドバイスも、これからの読み聞かせにはとても役立つもので、
その絵本をどのように子ども達に伝えるかなど、新しい発見をすることができました。

次回講座までに現場実習を行わなければなりません。
まずはそこで今日の実習で学んだことを生かし、子ども達に絵本の世界を楽しんでもらえればと思います。