11月2日(日)より、ついに始まりました「チェンジメーカー養成講座」です。
最初は、㈱PEERの佐藤真琴氏による講座で、テーマは「ソーシャルビジネスを考える」でした。

講師

身近な地域の課題を、会社を作って問題解決に挑んだ佐藤氏ですが、参加者からは「ボランティアや市民活動ではなく、なぜ会社を立ち上げたのか?」という質問が出ました。
課題の解決方法は、その人によって違うのかもしれませんが、地域の課題に気づくことや、解決するためにどうすれば良いのかを考えることは簡単ではありません。佐藤氏からは、「戦略的に考える」ということを学びました。

ワーク

参加者同士がお互いを紹介し合う「他己紹介」を行い、どんな参加者が集まっているのかが徐々に見えてきました。「講座タイトルを見てひかれた」「何かやってみたい」「現在の仕事に役立つヒントが欲しい」など、いろいろな思いをもって参加されているようですが、どんな風に参加者が変化していくのか、今後が楽しみです。