8月23日(日)、認証保育所はぐみな保育園にて、ロックなミュージシャン橋本薫さん(男性)の出張チャリティライブを行いました。

hashimoto

ブルーのボーダーのシャツがトレードマーク、キーボードにマイクなど音響装置一式を携え、銀色のミラーボールつき。保育園内で、しかも日曜日の午前中にしては熱すぎる雰囲気が、ある意味ミスマッチ風だったのですが。
橋本さんは毎週土曜日、掛川駅で路上ライブをされています。元々、ポプコン(ヤマハポピュラーソングコンテストの略)出身者。第32回に出場され、その後、コンテストの名前が変わったBAND EXPLOSION で’89 WORLD FINAL IN JAPAN ~世界大会に「くつ下」というバンドで出場されているという経歴の持ち主です。

hagumina

東日本大震災以降、被災地を応援する募金を呼びかけ、雨の日も風の日も台風の日も、被災地に支援を届けるため歌い続けています。5年間で集まったお金は百数十万円。何度かそれを持って被災地に。

とてもまじめな話ぶりなのに、歌い出すと音量が高くて力強いのです。こうした橋本さんにはファンもいらっしゃって今回も追っかけされていました。
被災地への想いと募金を持って古いワーゲンで出かけた珍道中。まじめなのにクスリと笑えてしまうなんとも不思議な感じなのです。

live

今回はお話と歌3曲<「だまってオレについてこい」くつ下、「糸」中島みゆき、「天国への階段」橋本薫>のあっという間の1時間でした。橋本さんの歌は冒頭に書いたミスマッチどころか、その場にマッチした歌詞を選んでいただきとても素敵でした。グランドピアノでしたらさらに臨場感あふれていたことでしょう。参加者の方々にも喜んでいただけたようです。

今後もさらにもっとたくさんの人々に橋本さんの歌を聞いていただける機会がありますように!ぜひ、震災を風化させることなく、まだまだ応援していきましょう。